6.1インチのiPhone 2018年に登場 廉価版で液晶を搭載 デュアルSIM採用も

海外のサイト9toMacから最新情報が出てきました。なんと6.1インチのiPhoneが2018年に登場する可能性があるというものです。

6.1インチという大画面のiPhoneの情報ですが、このiPhoneは液晶を搭載するわけではありません。

iPhoneの2018年モデルは3モデル発売される予定になっていると今の時点では噂されておりますが、その中の1つのモデルが発売されるとリーク情報がありました。












クオ氏からの情報

KGIのアップルアナリストのクオ氏からの情報となっております。このクオ氏というのはアップルの情報アナリストとしていつもアップルの情報をリークしております。

そのアナリストからの情報となっておりますが、今回出てきた情報によりますが、2018年モデルでは6.1インチのiPhoneが発売される予定になっておりますが、そのiPhoneは液晶を採用する見込みになっております。

また価格は550ドルとなっており、日本円で6万円ほどとなっております。またデュアルSIMを採用しており、日本ではあまり馴染みのないデュアルSIMですが、海外ではかなりのニーズがあり、特に中国ではこのデュアルSIMを搭載しているスマホはスタンダードになりつつあります。

またクオ氏のコメントによるとDSDSに対応したデュアルSIMが採用される予定になっており、普通にSIMスロットが2つあるものとなっており、物理SIMがサポートされたモデルとeSIMがサポートされていないモデルの2モデルが存在するようです。

またそれ以外にも2018年に発売されるiPhoneは有機ELを採用したモデルの6.5インチモデルが発売されると言われております。

6.5インチのモデルはiPhoneXPlusになる可能性が高いということです。

iPhoneXPlusというモデルが2018年に発売される見込みになっているようです。 iPhoneXPlusというモデルというのは、...

こちらiPhoneXPlusに関する記事となっており、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

また他のラインナップとしては、iPhoneXも5.8インチとして登場する見込みとなっており、こちらはiPhoneXRefreshという名称になる可能性も示唆しております。

有機ELモデルが2機種液晶モデルが1機種の情報は継続

前々から言われておりましたが、有機ELを搭載するモデルというのは2機種発売される予定になっており液晶を搭載するモデルというのは1機種となっておりました。

この中の1機種というのはこの6.1インチモデルでしょう。そしてiPhoneXRefresh及びiPhoneXPlusというモデルが有機ELを採用する見込みになっております。型番としてはまだ完全には確定していません。iPhone9になるのかもわかっておりません。

6.1インチというと現状のiPhoneからするとiPhoneのPlusモデルよりも大きなモデルとなっており、かなり大画面であることが伺えます。

そういうことから2018年に発売されるiPhoneというのは5.8インチ以上のモデルばかりということになります。今まで4.7インチモデルとして発売されていたiPhone8などは残念ながら淘汰される可能性が非常に高くなりました。

やはりそこで期待するのはiPhoneSE2の存在ではないでしょうか。iPhoneSE2というものも発売される見込みとなっております。iPhoneSE2に関しては2018年中に発売される可能性が非常に高いといわれておりましたが、残念ながらまだ発売には至っておりません。

6月にも発売される可能性が高いと思われておりますが、実際のところはどうなのでしょうか。

iPhoneSE2という機種が今後発売される可能性があります。 iPhoneSEというのは4インチモデルのiPhoneというこ...

こちらにiPhoneSE2のことをまとめたページがありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

iPhoneは特に日本市場では注目している人も非常に多いです。日本市場ではiPhoneの販売台数が全体の半分を超えており、ほしいと思っている人の割合もかなりのものです。それだけ日本では注目されるガジェットの一つなのです。

iPhoneは廉価版でも売れる

iPhoneは廉価版であったとしてもかなり売れることは間違いないと思います。iPhoneは廉価版であったとしてもかなり売れることは間違いないと思います。iPhoneは廉価版モデルであったとしても相当売れます。

むしろ日本ではiPhoneXよりもiPhone8のほうが売れているのです。そういうことからiPhone8が廉価版モデルとはいいませんが、安価なモデルのほうが売れているということは事実なのです。

iPhoneは廉価版であったとしてもかなり売れることは間違いないと思います。

6.1インチという今までのiPhoneの中でも大画面モデルに位置します。iPhone8Plusよりも大画面となっており、非常に期待できることは間違いないと思います。6インチを超えるモデルが2つ発売されるともいわれており、今後iPhoneは大画面モデルにシフトしていることは間違いありませんね。

6.1インチのコンセプト画像が出てきた

こちらの画像を見てもらいたいのですが、6.1インチのコンセプト画像が出てきました。

見た目は非常にシンプルとなっております。この6.1インチモデルというものが廉価版モデルということになります。

廉価版モデルということなので、かなり期待できると思います。

とにかく6.1インチという大画面ながら最も安価なスマホとなるわけです。それは相当期待できるでしょう。

基本的に、現行iPhoneを利用している人は一番安価なモデルでも4.7インチとなっており、かなり画面サイズが大きくなるわけです。

今回は5.8インチのiPhoneXの後継モデルにあたるモデルのほうが機種代金は高くなるものの、画面サイズは小さいままです。そういうことを考えると少し驚きですね。

液晶モデルは有機EL採用モデルより2万円ほど安価に買える

液晶モデルは有機ELを採用しているモデルと比較して2万円ほど安価に購入することが可能になるようです。

今回5.8インチモデルも登場する可能性が非常に高いことから5.8インチモデルは10万円を超えてくると思われます。

そして6.1インチモデルは仮に5.8インチモデルが10万なら8万円程度での発売になる可能性があります。

ただしiPhoneXは12万円ほどする為、6.1インチモデルでも10万円ほどするのでしょうか。

本当にスマホは非常に購入なガジェットになってきました。数年前まではここまで高額なガジェットではありませんでしたが、最近本当に価格が上昇していますね。

当然ながら円安も影響しているわけです。円が高い時は輸入しているものは割と安価に購入することができますが、円安の時は輸入されるものは本当に高くなりますからね。そう考えると一般庶民では家族全員がiPhoneを買うということはかなり厳しいかもしれません。

本当に高いですからね。せいぜい1人か2人までしか購入はできないと思います。それくらい高額な機種になってきていますね。

引用元:9to5mac