事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXRが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

iPhone 2020年モデル ノッチがなくなり パンチディスプレイに 前面カメラの配置に注目

 
iPhone 2020
 

iPhone 2020年モデルですが、ノッチがなくなりパンチディスプレイになる可能性が高いことがわかりました。

ノッチと呼ばれるものはiPhoneXから搭載されたディスプレイ上部の部分です。

こちらがノッチになっております。こちら上部ですが、こちらがパンチディスプレイになると報じられております。

 

GALAXY S10ではすでに採用予定に

こちらの画像の左上のドットのようなこちらがパンチディスプレイと呼ばれるものとなっております。

このパンチディスプレイというものがiPhone 2020年モデルに採用されるようです。

2020年モデルというのは、約2年後のモデルとなっております。iPhoneⅪsあたりの機種になる可能性が高いと思われます。

パンチディスプレイが搭載されるメリットとしてはノッチ部分がなくなるということで、画面の全体が見やすくなるということです。

動画などを閲覧しているとどうしてもノッチ部分が邪魔に感じることはあるでしょう。それがなくなるということは非常にメリットのあることではないでしょうか。

ノッチ部分がなくなりパンチ部分だけが画面を覆うわけです。それが最大のメリットですね。

 

他の機種でも同様の動きに

他の機種でも同様の動きになると思われます。

OPPOと呼ばれる機種でも同様にパンチディスプレイが採用されるようです。

となれば日本で発売されるモデルも同様のことが起きると思われます。

Appleは2020年に完全にモデルチャンジすると言われているので2020年のパンチディスプレイというのは当然といえば当然といえるかもしれません。

パンチディスプレイが採用されることにより、大半の人がありがたく感じるのではないでしょうか。

またこのパンチディスプレイという技術は新しい技術となっており、ディスプレイに穴をあけたような感じになるということから製造工程もそれなりに難しい工程になるものと思われます。

逆にそれが量産出来ているということはかなりすごいということですね。

docomoauSoftBank

 

iPhoneがどのように変化するのか?

iPhoneの2018年モデルの発売は終わっており、2019年ではどのようになるのでしょうか?

2019年モデルでは形状の変更は今のところ無いと言われております。そのためiPhoneXs及びiPhoneXsMAXの見た目上の変化はないと言われております。

そして2019年では新しくトリプルカメラが採用される可能性が非常に高いです。

そして2020年では形状の変更も行われ、そのときにパンチディスプレイが採用される見込みとなっております。

iPhoneは期待を裏切らない機種になってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました