新型iPhone 2018年モデルは高額に 価格がかなり高くなると予想

新型の2018年モデルのiPhoneですが、かなり高額になると言われております。

その高額になるという理由ですが、今回3つのモデルのiPhoneが発売されるということはすでに報じられている通りだと思います。

iPhoneXの後継モデルにあたるiPhoneXsとそれの大画面モデルにあたるiPhoneXsPlusです。

そして1つだけがLCDを搭載しているモデルとして発売される予定になっております。












iPhoneの代金が高額になる理由

今回特に高額になるといわれているのが、iPhoneXsPlusという一番高額なモデルです。

今回はモデルを新しく刷新し、一番大きなPlusモデルというのは6.5インチになる予定です。

高額になる理由としてはまず6.5インチという大画面にあります。大画面になればそれだけ部材を利用するので、部材を利用する部分という意味では部品費があがります。

部品費があがるということは、当然ながら本体価格が上昇するわけです。

続いて高額になる理由というのは512GBという非常に大容量のROMを搭載すると言われております。

512GBもの大容量のROMを搭載するのであれば、当然ながらそれだけ部材の価格が高くなるわけです。現在は256GBとなっており、それでも十分高いわけです。

現在のiPhoneX 256GBの価格

現在発売されているiPhoneX 256GBの価格です。

129800円(税抜き)がAppleから発売されているSIMフリーの価格となっております。

税込みの価格なら140184円となり、非常に高額な価格になるということがわかるかと思います。

これがiPhoneXの価格です。256GBの容量となっておりますが、通常のiPhoneXでこの価格帯なのです。

正直なところかなり高額な価格帯になっていることは現行のモデルを見るとすでにわかるかと思います。

となれば、次に発売されるモデルというのはどれくらいの価格帯になるのかざっくりですが、予想できると思います。

グローバル価格を適用と考えると

グローバル価格が適用されるということを考えるとおそらく今年は5%〜10%程度また端末価格の上昇があるかと思います。

まだ日本は円安傾向なので、iPhoneは輸入されるものとなっており、価格はまだ更に高くなるでしょう。

ちなみにグローバル価格というのは、世界の価格設定ということになっており、例えば日本で購入する自動車の価格が年々あがっているということもそれにあたります。

世界ではどんどん賃金の上昇があり、それに合わせて物価もあがっているのです。日本はまだデフレ傾向となっており、給与があがるという実感はあまりないかと思いますが、世界的にはどんどん価格というのは上がっているのです。

そのため各社グローバル価格と称して価格をどんどん上げているわけです。

それから考えるとiPhoneXsの価格も5%はあがるかと思います。

それならざっくり15万円弱くらいの価格設定になるでしょう。そしてPlusモデルなら16万円を超える価格になるのではないでしょうか。

iPhoneXsPlusなら税込み17万円弱くらいが予想価格

iPhoneXsPlusの一番上位モデルの価格なら17万円弱くらいの価格になると予想できるかと思います。

256GBから512GBに容量があがり、現行モデルよりも当然ながら価格としては上がると予想されます。

正直なところ512GBもの容量は不要と考える人も多いと思いますが、容量の少ないモデルではひょっとすると64GBという容量が設定されているかもしれません。

そういうことを考えるとそれでは容量が足りないと考え上位モデルになる可能性が高いわけです。

それなら上位モデルの512GBがかなり売れると思われます。

ラインナップとして64GB、256GB、512GBとあればいいわけですが、おそらく容量のラインナップとしては2つだけに絞られる可能性もあります。

複数のモデルを製造するとそれだけ製造コストも上がりますからね・・・

製造コストの問題もあり、容量は2つくらいに絞られて発売される可能性が非常に高いと思います。

2年の買い替えでもかなり厳しい

2年に1度の買い替えでもかなり厳しいと考える人が多くなることは間違いありません。

2年の買い替えでも現在でも1年あたり7万円ほどになるのです。1ヶ月5000円が端末代金です。

iPhoneの価格が上昇するということで、日本はますますAppleに利益を吸い取られるのでしょうか・・・・

日本では賃金が上がらない状況がありますが、端末代金が上がり続け、それでも賃金があがらない状況というのはかなり厳しいでしょうね。

最近は2年に1度だけスマホの買い替えを行う人というのもそこまで多くはなくなってきましたが、それでも2年に1度は購入しようというのが一般的です。そういうことを考えるとスマホの代金を払うということはかなり厳しいのかもしれませんね。

スマホの代金が高すぎて本当に生活を圧迫するレベルにまできたと思います。

独身ならいいと思いますが、家族全員iPhoneという家庭ならかなり厳しいかと思います。

LCDモデルなら10万円を切る

LCDモデルなら10万円を切る価格帯で発売されると予想されております。

LCDモデルは800ドル弱になると言われており日本円でも9万円ほどで購入することが可能です。

それならまだ購入できるレベルなのではないでしょうか。それでも十分高いわけですが・・・

本当に端末価格は高いと思います。