iPhone Xs /Plus MAX 在庫 予約 次期iPhoneの名称はXsで統一 見た目は搭載されない機能は?

iPhoneの2018年モデルに関して非常に気になっている人も多いのではないでしょうか。

2018年に発売されるiPhoneというのはiPhone Xsになるといわれており、非常に期待されていると思います。

iPhone Xsという名称になるそうですが、今回はPlusモデルという大きな画面を搭載するモデルの発売も予定されております。

発売はされるものの、Plusという名称にならない可能性が出てきました。

基本的には名称というのはiPhone Xsとして統一されるようです。












3つのiPhoneの発売 名称の統一はXsのみ?

3つのiPhoneが2018年モデルとして発売される予定となっております。

Xsとして統一されるというのは、Plusを扱う有機ELを搭載する2つのモデルのみです。1つのモデルでは有機ELを扱うのではなく、液晶を扱うようです。

そのため、3つのiPhoneといいながらも名称としては2つになる見込みです。

まずはiPhone 2018という名称のモデルとそしてiPhone Xsという名称のモデルになる可能性が高いです。

名称の統一というところでいうならXsの名称の統一ですが、Plusモデルはどういう位置づけになるのでしょうか。

iPhone Xsの大きいやつという位置づけでしょうか?Plusという名称を今回は利用しないと今のところ報じられているので、そのあたりは非常に気になるところですね。

今回いろいろ噂になっている部分はあり、どのようなiPhoneになるのかというのは、いろいろなサイトで予想されております。

iPhone Xsが9月にも発売開始されます。iPhone Xsの画像出てきました。 知っている人も多いと思いますが、9tom...

こちらのページでも最新のiPhoneに関しては予想しております。最新のiPhoneがどのような仕様になるのかというのは本当に楽しみですからね。

今回発売されるiPhoneで搭載されない機能に関してお伝えしたいと思います。

iPhone Xsには3DTouchが搭載されない

iPhone Xsには3DTouchの搭載は見送られる可能性が非常に高いです。

3DTouchというものは感圧センサーのことです。

感圧センサーが今後発売されるiPhoneには搭載されない可能性が高いのです。その理由ですが、感圧センサーというのは画面を強く押し込まないと挙動がわからないということで、利用する人が非常に少なくなっていたことは間違いありません。

対応アプリの発売もあったかと思いますが、実際に対応されるアプリというのはあまりありませんでした。そういうことを考えるとやはり不要だったのかもしれません。

感圧センサーが廃止されることにより、対応を迫られるアプリもあるかと思いますが、確かに感圧センサーがあったとしても利用することはあまりないかと思います。

3DTouchの搭載が見送られるということは残念に思うかもしれませんが、実際に利用用途があまりないのであれば、仕方ないことかもしれませんね。

トリプルカメラの搭載

iPhoneはカメラ性能が非常に高いことを知っている人も多いと思いますが、トリプルカメラは残念ながら搭載されません。

トリプルカメラの搭載というのは、2019年モデルで可能性が高いと思いますが、2018年モデルでは残念ながら搭載は見送られるでしょう。

基本的にトリプルカメラというのは、3つの異なる種類のカメラを組み合わせることで非常にキレイな写真や動画を撮ることが可能です。

日本市場ではP20 Proと呼ばれるスマホが発売されており、そちらのスマホではトリプルカメラが搭載されております。

トリプルカメラの噂もありましたが、今回のiPhoneでは残念ながらトリプルカメラの搭載はなさそうです。

HW-01Kというスマホがドコモから発売されていることは知っている人も多いと思います。 こちらのHW-01Kですが、カメラ性能...

こちらP20 で撮ったトリプルカメラのレビューページとなっております。トリプルカメラの実力をこちらで一度確認いただければと思います。

iPhoneでは見送られましたが、Pシリーズでは今後上位モデルではトリプルカメラが搭載されるでしょう。

それに合わせて2019年にトリプルカメラが搭載されるのかどうかということでは非常に期待が高まりますね。

ApplePencilへの対応

ApplePencilへの対応は今回は行われない可能性が非常に高いと思います。

一部報道ではApplePencilに対応するのでは?と報道がありましたが、最新の情報では対応されない可能性のほうが高いです。

仮に対応されるのであれば、上位モデルのみに対応される可能性があります。

実際にiPhoneを所持していながら絵を書いたり文字を書いたりということはしたいですが、ApplePencilというのは、それだけで鉛筆くらいの大きさがあるので、それと2つを持ち運ぶということはナンセンスだからでしょう。

GALAXY NOTEのような感じならいいのかもしれませんが、そういうわけには行きません。

GALAXYNOTE9が発表されました。GALAXYNOTE9はどのように進化したのでしょうか。 GALAXYシリーズの中での...

こちらがGALAXY NOTE9を紹介したページとなっております。Sペンのように内蔵されるペンがあればまた違うのでしょうが、そういうペンがあるわけではありませんので、ApplePencilへの対応はできない可能性が非常に高いと思います。

ノッチレスディスプレイ

ノッチレスディスプレイに対応はされないようです。

ノッチというのは現在の上部のカメラがある部分です。

こちらが非常に邪魔だと思う人も多いと思います。ノッチは2019年モデルではかなり狭くなるとは報じられておりますが、2018年モデルでは基本的にこのノッチというのはiPhoneXと同様に継続されるものと思われます。

ノッチは人によってはかなり邪魔となっており、ノッチは不要という人はちょっと残念ですよね。

とはいうものの機能としては必要な機能がこのノッチに入っているので、搭載されるということは諦める必要があります。

指紋認証機能

指紋認証機能が今回のiPhoneから排除される可能性が非常に高いことがわかりました。

指紋認証機能というのは、やはり便利に利用している人も多いと思います。FaceIDを利用するということはマスクなどをしていると認識されない可能性も高く、そのため指紋認証機能は必須だと考えている人もかなり多いことは間違いないかと思います。

今回その指紋認証機能を排除する可能性が非常に高いわけです。

すべてのモデルでiPhoneはFaceIDのみに統一してくる可能性もあります。

ひょっとするとディスプレイ内臓型の指紋認証機能を搭載してくるかもしれませんが、最新の報道ではそれは2019年モデルになると言われております。

そういうことを考えると指紋認証機能の排除というのは少し残念な感じですね。搭載されない機能があるということは、ちょっと残念ですが、諦めるしかないのかもしれません。

基本的にiPhoneというのは期待を大きく裏切るということは今までなかったので、それを代用するなんらかの機能が搭載されるかもしれません。

FaceID認証が嫌だという人もかなり多いと思いますが、実際にはFaceID認証が便利だと感じている人も多いことは間違いありません。

この認証機能に関しては賛否分かれるところではあるかとおもいますが、やはり何か別の認証方式は考えてほしいですね。

これらが搭載されない可能性の高い機能となります。それでも2018年モデルのiPhoneは期待度も非常に高くなっており、半数の人が買い替えを望んでいると報じられております。

そういうことを考えるとやはりiPhoneの2018年モデルには期待したいところですね。

iPhone Xs iPhone Xs Plus iPhone9の価格情報

2018年に発売に発売されるiPhoneですが、価格情報がリークしたようです。 価格としては非常に安価な価格設定となっており、...

こちらに価格情報が出てきました。価格はドル換算なら2017年モデルよりも安価な価格設定となっており、非常に期待できる価格設定です。

価格情報というのはその機種の売れ行きを左右する情報となっておりますので、非常に重要な要素かと思います。

今回は一番高額になる可能性のあるPlusモデル(最新の情報ではMAX)の価格も紹介しておりますが、価格としては非常に安価な価格設定となっております。

iPhone 2018:83880円

iPhone XS:95880円

iPhone XS /Plus Max:11988円

日本円の換算でもこの価格設定です。かなり安価なことがわかるかと思います。

これくらいの価格帯ならありではないでしょうか。相当安価な価格設定となっております。