2018年 iPhoneでUSB-Cをサポート Lightning廃止の動きになるのか?

2018年に発売されるiPhoneではUSB Type-Cをサポートする可能性が高いことがわかりました。

USB TypeーCというものはAndroidスマホではすでにおなじみのものになっており、最近発売されている最新モデルでは普通に搭載されているものとなっております。

このUSB Type−Cを搭載するということは、今後Lightningが廃止されるということになrます。Lightningが廃止されるということはLightningの周辺機器というものがなくなっていくということになります。












USB-CはMac Bookにも搭載

このUSB-Cというものは、Mac Bookにも搭載されております。Mac Bookを持っている人ならUSB-Cの存在はわかる人も多いと思います。

実はこの端子ですが、最近ではいろいろなものに搭載されているために非常に汎用性が高いものとなってきております。

いわゆる業界スタンダードになっているのです。昔はそこまで業界スタンダードというわけではありませんでしたが、今は業界スタンダードとなっており、周辺機器もかなり発売されております。

当然ながらUSBーC対応のUSBハブやUSB-Cに付属するいろいろなガジェットというものが増えてきております。

普通のUSBでもいいわけですが、スマートフォンのようなものにはこのようなコンパクトサイズのものが非常に多いことは間違いありません。

基本的にスマホに搭載される端子というものは、当分これで変化がないと思われます。AndroidもiPhoneも同じ端子を採用することにより、メーカーも価格を下げやすくなってくることは間違いありません。

それこそAndroidでもiPhoneでも同じように開発することができますからね。iPhone用ということで開発する必要がなくなりました。

iPhone用というのはLightning対応ということです。とはいうもののLightning対応製品というのはまだまだかなり多いです。

iPhoneは端子変更は2回目

昔はこのような端子でしたよね。この端子をまだ使っている人もいるでしょう。

個人的にはiPad2を初期化したので、また使えるようになったので、たまに利用しておりますが、この端子も非常に少なくなりました。

そこからLightningになりましたが、Lightningは小さい端子となり、非常に使い勝手もよくなりました。100円均一でも端子が販売されるようになり、かなりお手軽に手に入れることができるようになりました。

LightningからUSB-Cになってもすでに100円均一などで販売されており、かなりオススメできるかと思います。

ケーブルを安価に購入することができるということも変更されても問題がないというメリットになるかと思いますね。

USB TypeーCはかなり汎用的

本当にUSB Type-Cというのは汎用製の高いものとなっております。

汎用性の高いケーブルになることはスマホ業界としてもかなりのメリットではないでしょうか。

基本的に部品メーカーというのは汎用性の高いものというのは本当にオススメできると思います。

これはケーブルだけではなく、いろいろなものに言えると思います。現在大半のOSというのはiPhoneに搭載されているOSかAndroidの2つです。

これら2つのOSをターゲットに開発をすればいいわけですが、開発する時にもUSB Type-Cからとなれば、開発するということに関してもメリットがあるかと思います。

いろいろメリットがある汎用性の高い部品というのはかなりありがたいと思いますね。

引用元:digitimes