iPhone 2018 6.1インチ アイフォーン スペック 発売日 価格 予約 予想

2018年モデルのiPhoneに関しての情報を掲載していきます。

2018年に発売されるiPhoneというのは、iPhone8の後継、iPhoneXの後継モデルとなることは誰もが承知していることではないでしょうか。

iPhoneの名称に関してはまだ未確定な部分も非常に多い為、今のところ2018年モデルという形にしておきたいと思います。

実際に発売される時の名称は3つの名称が登場すると思われます。6.1インチモデルの名称がiPhone 2018となる可能性は非常に高いと思われます。












2018年モデルiPhoneの予約はこちら

毎年のことですが、16時1分に予約が開始されます。

16時1分というと仕事をしている人はなかなか購入することができないかもしれませんが、トイレなどの個室空間でぜひ予約をしてもらいたいと思います。

個室空間でもだいたい10分あれば、予約をすることが可能となっております。

それくらいの時間がんばって予約をしていただければと思いますね。

<ドコモ>


ドコモオンラインショップを知っている人もここ最近は非常に増えてきました。 ドコモオンラインショップを経由してスマホの購入を行おうと考え...

こちらも非常にメリットがあるので、こちらのページも確認してみてください。

<au>


<ソフトバンク>

3社から発売される予定になっております。

2018年モデルのiPhoneは3モデル発売予定

これは以前から言われていた情報になりますが、2018年モデルのiPhoneは3モデルが発売される予定になっております。

3モデル発売される中で、2つは有機ELを採用したモデルで1つはLCDを採用したモデルの合計3つが発売される予定になっております。

これは以前から伝えられていたものであると思います。

その中でも有機ELを採用した2つのモデルというものはiPhoneXの実質後継モデルとなっており、非常に期待できるモデルとなっていることは間違いありません。

有機ELを採用した2つのモデルが2018年に発売されるAppleのフラッグシップモデルとなっております。

また1つのLCDを採用したモデルというのはiPhone8の後継モデルという位置づけとなりますが、こちらは廉価版という位置づけにはしないものと思われます。

基本的にこの3つのモデルに搭載されるCPUは同じCPUが採用されると思われますので、処理能力にはそれほどの差は生まれないものと思っております。

A12と呼ばれるCPUが2018年に搭載されるAppleのiPhoneに搭載される予定になっております。 A12というCPUと...

これら3つのスマホにはA12というCPUが採用される見込みとなっており、処理能力は現行モデルよりも高くなることは現時点では間違いないと思います。

3つのiPhoneが発売されたところで結果的に同じようなスペックのものが出てくるということになりそうですね。

それはまさに2017年に発売された、iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneXの3モデルのような感じになると思われます。

iPhoneの3モデルの内訳は?

3モデルの内訳はどうなるのでしょうか。3モデルというのは2018年に発売されるiPhoneになるわけですが、先程は有機ELの採用とLCDの内容に関して触れました。

それは画面を構成する部品です。画面を構成する部品というのは毎日目に触れるものですから非常に重要です。

iPhoneXの人は有機ELですが、iPhone8の人はLCDとなっております。

これらの違いというものはこの3つのモデルの内訳としてあるわけですが、それ以外の違いというのは画面サイズでしょう。

画面サイズというものがこの3つのモデルではことなります。

3つの画面サイズを持っているということになります。今のところの情報では6.5インチ、6インチ、5.5インチの3つのモデルの画面サイズになると思われます。

画面サイズに関していえば、大画面モデルの6.5インチモデルは有機ELを採用しているモデルで5.5インチモデルも有機ELを採用していると言われております。

そして6インチモデルがLCDを採用したモデルになるといわれております。

カメラにも違いが・・・

カメラにも違いがあります。カメラはデュアルカメラを搭載したモデルというものが2つのiPhoneで発売される予定になるでしょう。

それは有機ELを搭載したモデルで2つのカメラを搭載するものと思われます。

iPhoneXのカメラを利用している人もかなり多いでしょう。これからも動画を撮りたいとおもっている人も多いと思います。 iPhoneX...

こちら現行のiPhoneXで撮影した動画になります。こちらも合わせてご確認ください。こちらの動画を見てもらえればわかりますが、デュアルカメラを搭載したモデルというものは非常にキレイな動画になります。

ある意味動画撮影に特化したモデルとなっておりますので、非常に期待できるかと思います。

カメラにも違いが生まれますが、デュアルカメラを搭載しているモデルかそうでないモデルかの2つのモデルが発売される可能性が高いということです。

iPhoneにトリプルカメラを搭載する可能性

2018年モデルのiPhoneにトリプルカメラを搭載する可能性があるようですね。

トリプルカメラを搭載しているスマホにはP20 Proというものがありますが、2018年に発売されるiPhoneではトリプルカメラを搭載する可能性があるというのです。

iPhoneの2018年モデルが発売される予定ですが、カメラ機能がさらに進化する可能性があります。 カメラはトリプルカメラを搭...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、トリプルカメラを搭載する可能性があるといいます。

トリプルカメラを搭載するモデルというものはP20 Proくらいなので、今後どんどん増えてくると思われます。

最近では本当にインスタなど動画や写真をかなり撮るという機会も増えてくるでしょう。いわゆるSNSをやる人口というものがどんどんまだ増えてくるのです。特にいまスマホを持っていない小学生や中学生というものはそういうものに関してはかなり興味もあり、非常に楽しみながら写真を撮ってネット上に動画を上げたりするわけです。

その時にはやはりカメラ性能というものはかなり気にする人も多いでしょう。そういうことを考えるとカメラ性能というものは今後まだまだ伸びていくわけです。iPhoneが薄型志向ですが、それに逆行した形でカメラは大きくなっていくでしょう。

カメラはある程度厚みが必要となりますからね・・・トリプルカメラを搭載することで用途にあったキレイな動画や写真が撮れることは間違いないかと思います。

こちらiPhoneXで撮った動画となりますが、すでにiPhoneXでもかなりキレイな動画は撮れるのです。

それがトリプルカメラになったら本当にどのような動画になるのでしょうか。相当キレイに撮れることは間違いないかと思います。カメラ性能に関してはかなり期待したいですね。

iPhoneXsという名称になるかもしれない?

2018年に発売されるiPhoneというのはiPhoneという名称になる可能性もありますが、やはり今までのiPhoneと区別するためにちゃんとした名称をつけてくる可能性も十分に考えられます。

iPhone Xsが発売されました。 最新のiPhoneは毎年かなりのイベントとなっており、世界中からも注目というのはかなりの...

こちらを見てください。iPhoneXsという名称になるかもしれないということです。

こちらはiPhoneXの後継モデルとなっており、画面サイズに関しても5.8インチの画面サイズとなっております。5.8インチというのは以前のiPhoneからするとかなり大きめの画面サイズということになりますが、iPhoneXで5.8インチを採用してからそこまで大きいという印象はありません。

ホームボタンを排除するということで、今後も排除される動きになることは間違いないと思います。

UIいわゆるユーザーインターフェイスというのは、今後間違いなく現行のiPhoneはiPhoneXのように進化すると思われます。

ホームボタンのほうが便利だと思っていた人も新しいユーザーインターフェイスに慣れていく必要があるのです。新しいユーザーインターフェイスになれるのはすぐだと思いますので、そこまで気にすることはないでしょうね。

トリプルカメラを採用の可能性も十分ありえる

2018年に発売されるiPhoneにトリプルカメラが搭載される可能性というのは十分にありえます。

iPhoneは基本的には今ある部材や技術をうまくスマホに反映させているメーカーです。

Huaweiでトリプルカメラを採用しましたが、GALAXYシリーズでも今後トリプルカメラを搭載する動きになっているようです。そういったことからiPhoneにもトリプルカメラが搭載される可能性というのは十分に考えられます。

トリプルカメラが採用されるとなるとカメラ性能は抜群によくなります。日々新しい情報があがってきますが、このトリプルカメラに関する情報というのはかなり出てきているのです。

相当期待したいところです。2018年モデルに発売される予定の写真が出ておりますが、こちら前面からなので、実際に搭載されるかどうかはわかりません。前面カメラもデュアルカメラ化してほしいという声も色々あると思いますが、それはどうなんでしょうかね。

2018年に発売されるiPhoneはデュアルスタンバイ?

2018年に発売されるiPhoneはデュアルスタンバイになる可能性があるというのです。

どういうことかということ2つのSIMを挿すことが可能ということです。日本ではあまりそのようなものは必要はありませんが、中国などではデュアルスタンバイというのは普通になっております。

デュアルスタンバイになるということは中国ではかなり販売台数を伸ばすのではないでしょうか。中国製のスマホはたいていが2つSIMを挿入する箇所があります。

そういうことを考えるとやはり2つのSIMを挿入することが可能ということで、デュアルスタンバイが実現しているわけです。iPhoneも同様に2つのSIMを挿すことで、かなり便利になるのではないでしょうか。

DSDSということはほぼ確定しているようですね。DSDSに対応しているということは、SIMフリーのスマホがかなり売れるのではないでしょうか。

DSDSは日本ではそれほど重要視されておりませんが、通信のみを格安SIMを利用して通話はキャリアのものを利用するという使い方が可能となっております。そういう使い方をする人にとってはDSDSというのはかなりおすすめできます。

デュアルスタンバイを行うということで、格安SIMを普通に購入したiPhoneにも利用することができるということになると格安SIMを販売している会社もかなり気合を入れてくることが予想されます。

格安SIMを利用することができるiPhoneがキャリアモデルからも発売されるようになれば、かなり面白いですね。

まだ日本ではDSDSに対応しているスマホというものはほとんど発売されておりません。そういう意味ではiPhoneが突破口になるのかもしれませんね。

iPhoneの2018年モデルでは5色展開になる可能性が高い

iPhone 2018年モデルで新色 カラバリが増える iPhone5cと同じ位置づけに?

2018年の発売されるiPhoneは5色展開になる可能性が非常に高いことがわかりました。

2018年には3種類のiPhoneが発売される可能性が高いと言われておりますが、その一つのモデルが5色展開になる可能性が高いということです。

2018年には3つのうちの1つが5色展開になり、それがiPhone5cと同じような位置づけになる可能性が高いということもわかっております。

その1つのモデルというのは6.1インチのiPhoneとなり、6.1インチのiPhoneのみがこのような5色展開となる見込みなのです。

5色展開となり、最も廉価版のスマホとなりますが、内容としてはiPhone8の後継モデルという位置づけとなり、価格は安価になるものの一番売れるモデルとなることは間違いないでしょう。他のモデルは価格が10万円を超えるモデルとなる可能性が非常に高く、正直なところ、消費者からすると高すぎると思われる可能性が非常に高いと思います。

iPhone好きな人なら買うかもしれませんが、とりあえずスマホがほしいという人ならそこまでの高機能モデルを買うでしょうか?そういうことを考えるとやはり廉価版のモデルのほうが売れるのではないでしょうか。廉価版といっても性能はハイエンドモデルとあまり変わらないと思います。

やはり5色展開のiPhoneが一番売れることは間違いないでしょうね。

発売日が遅れる可能性が高い

このiPhone 2018ですが、発売日が遅れる可能性が高いことがわかりました。

2017年モデルでは有機ELのモデルにあたるiPhoneXの発売が若干遅れました。そのモデルのみ11月の発売となりました。

発売日が遅れる可能性がこのiPhone 2018だけ高いのです。

発表は毎年と同じように2018年の9月に行われる予定ですが、発売は昨年と同じように11月くらいまでずれ込むということです。

6.1インチという新しい画面サイズの製造に時間がかかっていることが原因の一つかと思います。

発売日がおくれることにより、各キャリアの取扱に関しても注意が必要となります。

この6.1インチを搭載したモデルが一番販売される可能性が高いのです。

その理由ですが、やはり低価格ということがその理由の一つです。低価格でありながら実際には6.1インチと画面サイズが非常に大きいわけです。

それは利用者としてはかなりありがたい話ですね。発売日がずれ込むといったところで、1ヶ月か1.5ヶ月程度です。それくらいなら待つ余地もありそうですね。

予約購入するならオンラインショップ

予約で購入するのであれば、オンラインショップがオススメです。

オンラインショップから購入することで予約を簡単に行うことが可能となっております。

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクからiPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRが発売されます。 予約開始時間は9月14日16時1分からです...

こちらソフトバンクオンラインショップです。ソフトバンクユーザーというのはiPhoneの所持率が非常に高く、ソフトバンクをもっている人の大半がiPhoneといっても過言ではありません。

ソフトバンクオンラインショップは最速で予約を行うことが可能となっており、2018年モデルのiPhoneに関しても最速で購入そして発売日に手に入れることが可能になるかと思います。

今回はLCDモデルが最も売れるということは間違いないかと思います。ソフトバンクのiPhoneを購入するのであれば、ソフトバンクオンラインショップからの予約をしてみるのはどうでしょうか。