ワイモバイルのiPhoneSEの毎月の維持費が302円と非常に安い

現在ワイモバイルのiPhoneSEの毎月の維持費が非常に安価になっております。

iPhoneSEという機種を知っている人も多いと思います。SE系の機種の中では一応最新のモデルとなっております。

iPhoneSEは後継のモデルが発売される可能性があることが示唆されつつもまだ後継モデルの発売には至っておりません。

そのためiPhoneSEはまだ最新のスマホとなっており、非常に人気のあるモデルであることは知っている人も多いでしょう。












iPhoneSEの購入はワイモバイルオンラインショップ


こちらがワイモバイルオンラインショップとなっております。こちらから購入することで、自宅まで送付してくれるため非常に便利です。

最近オンラインショップから購入する人が非常に増えました。近くにワイモバイルショップがないという人もいるでしょう。そういう人はワイモバイルオンラインショップを選択するのです。

ワイモバイルオンラインショップのほうがわざわざ店舗にまで出かけていく必要がないのでかなり便利ですからね。

それでは今回はiPhoneSEを非常に安価に維持する方法をお伝えしたいと思います。

毎月の維持費を確認する。

こちらが毎月の維持費となっております。

元々の毎月の維持費というのは3218円となっておりますが、そこから割引が入ります。

今は毎月の本体からの値引きが1836円という非常に高額の値引きが入っているのです。

そして1080円のワンキュッパ割です。

これら2つの割引が入って、302円になるということです。

非常に安価に維持をすることが可能となっております。

家族割をつけるなら0円で維持も可能となります。

実際にはユニバーサルサービス料というものがありますので、2円の支払いだけは発生しますが、かなり安価に購入することが可能となっております。

とにかく毎月の維持費が高いと思っている人はiPhoneSEをオススメしたいですね。

2年間は安く維持できる

ワンキュッパ割は1年で終了しますが、その後でも1382円で維持することが可能となっており、非常に安価に維持することが可能です。

1年ちょうどで解約しても構いません。維持費を考えると解約もありでしょう。

2年間だけ安価に維持できるわけですが、2年間だけと割り切って契約をするということもありかと思います。

基本的にスマホの寿命は2年程度です。それ以上所持するとバッテリーが弱くなってくるので、どうしてもそれくらいで終わらせる人が多いです。

バッテリーさえ継続的に利用することができるのであれば、それ以上持つわけですが、残念ながらiPhoneの場合はバッテリー交換が出来ません。有償でのバッテリー交換は可能ですが、無償でのバッテリー交換は取り扱ってくれないので、残念ながら2年もてばそれで次の機種への機種変更ということが一般的なのです。

それでも2年間だけでも安価に維持することができればよくないですか?

2年後にまた他社へ乗り換えということを視野にいれれば全く問題ないと思います。

iPhoneSEの後継機種の発売の可能性

iPhoneSEの後継機種が発売されるかもしれないと噂されておりますが、今のところまだ発売されておりません。

iPhoneSE2という機種が今後発売される可能性があります。 iPhoneSEというのは4インチモデルのiPhoneというこ...

こちらが後継機種のページとなっております。

後継機種が発売されるのはiPhoneSEの製品のスペックから考えると今年くらいにはなりそうですけどね・・・

それでもCPUの能力がiPhoneSEはA9となっております。現在のiPhone8がA11となっており今のタイミングでiPhoneSEを発売するならA11のCPUの搭載の可能性も非常に高いです。そういうことをトータル的に考えるのであれば、待ちというのも手かもしれません。

ただし待ったところで、本当に発売されるかどうかわからないので、それはそれで微妙な部分ではありますね・・・

iPhoneのSEの維持費が安いことはありがたい

iPhoneSEというのは元々廉価版というイメージがありますが、iPhoneSEだったとしても他のiPhoneと当然ながら同じ機能が利用できるわけです。

維持費が安いということでかなりメリットがあると思います。iPhoneを安価に持つということで、非常にメリットがあります。

iPhoneSEといっても普通にiPhoneのアプリの利用が可能なのです。iPhoneのアプリを利用することができるのはiPhoneシリーズなら基本的になんでもできるわけです。

iPhoneSEの維持費も安価でかつまだまだ販売されております。