新型 iPad Proは11インチ 12.9インチの2モデルを準備中 10.5インチは廃止

2018年にも発売される可能性が高いといわれているiPad Proですが、10.5インチモデルが廃止する可能性が高いことがわかりました。

10.5インチモデルというのは2017年に発売され、非常に人気の高いタブレットとなっております。












11インチモデルになる予定

iPadProは10.5インチが若干インチアップされ11インチになるといわれておりますが、本体サイズの変更はなさそうです。

iPadProにはFaceIDが搭載される可能性があるということなので、FaceIDの部分がノッチになる可能性は十分に考えられます。

その部分がノッチになり、大画面化になる可能性というのは普通に考えられることでしょう。

11インチというともともとiPadは9.7インチだったことを考えると1.3インチの大画面化に成功しているともいえます。

9.7インチの教育用のiPadは現在発売されており、それが小型の画面のモデルとして今後を担うのでしょうか。

そして11インチになり差別化されていくわけです。9.7インチと11インチならそれなりの差別化になるのではないでしょうか。

2018年の間に大量にハードが発売されるとも予想

2018年の間に大量のハードが発売されるとも予想されており、他にもマックブックなどのハードも発売される可能性が高いと思われます。

Macに関してはかなり人気のあるガジェットとなっているため、それだけ大量に販売されるのであれば、Apple信者としてはかなりありがたい話でしょう。

とはいうものの、新しいもの好きからすると大量にハードが発売されても購入できません。それなりに資金がいるので、大量のハードが発売されることは嬉しいのですが、ちょっとつらいですね。

私も何か買う可能性もありますが、大量に発売されるとなると結構金銭的に厳しいかなぁ〜とも思います。

それにしても11インチのiPadはかなり期待したいと思います。

処理速度も早くなり、画面も大画面となり今よりも使いやすくなることは間違いないでしょう。

ノッチタイプになればFaceIDもしくは指紋認証のどちらでもロック解除が可能ということになるかと思いますので、使い勝手は増すでしょうね。

9to5mac