2018年 iPad ProでAnimoji FaceIDが採用されることは間違いなし

新しい新型のiPadが2018年にも登場するといわれておりますが、新型iPadでは自分に似ているアニメのキャラクターを送信することができる機能というものが搭載されることが予想されております。

またTrueDepthカメラを搭載することにより、これらの新しい機能が搭載されるということも予想されております。












iPadもiPhoneXのような見た目に?

iPadもTrueDepthカメラを搭載する可能性があります。

そのカメラを搭載することに伴い3Dでの表現を行うことが可能となっております。

3Dで物体を表すことにより、自分に似たアニメなどを表現することも可能となっております。また前面カメラにTrueDepthカメラが搭載されるということは、FaceIDも搭載される見込みとなっております。

見た目はノッチ型になる可能性もあります。

このことはiOS12のベータ版にも配布されているということなので、非常に期待できる可能性が高いですね。

iPhoneXがある意味最終型?

昨今の最終型のイメージというのはiPhoneXなのでしょうか?

iPhoneXの見た目を継承した形のiPhoneが2018年モデルとして登場する可能性も非常に高いのです。

そういう意味ではiPadに関しても当然ながら同じようなことが言えるかと思います。

iPadも結果的には同じOSを使っており、iPad用とiPhone用を内部的に使い分けているわけです。若干UIが異なるということはそういうことです。

そうなれば、iPadもiPhoneXのような見た目になる可能性が高いということですね。

やはりノッチというものが存在し、ホームボタンが排除される可能性が非常に高いということになります。

ホームボタンが排除されるということは、いい面もあり悪い面もあります。

FaceIDは嫌だという人もかなりいるわけです。それこそディスプレイ内蔵型のtouchIDが搭載されてほしいなんてことも言われておりますが・・・2018年に発売されるiPhoneではまだおそらくそちらの対応はできないと思われます。

となればFaceIDが採用されるレベルにとどまると予想されます。FaceIDが採用されるとなるとマスクでの認証を行うことはできません。

日本では特に冬の間はマスクをする人が非常に多くなります。寒さ対策などでマスクをする人が増えるわけですが、そういう人に対して対応することができなくなる可能性が高いわけです。

FaceIDは便利なところもありますが、本体を凝視しないとロックを解除することができませんので、iPadでは不便の可能性が高いですね。それらをすべて改善してもらいたいですね。

引用元:phonearena