iPad Pro 3世代 アイパッドプロ3 2018年モデル スペック 発売日 価格 レビュー 予想 噂

iPadPro3という3世代目のiPadProが今後発売される可能性がありますので、紹介したいと思います。

iPadProというのは2つのサイズのモデルが現在は発売されております。10.5インチ及び12.9インチの2つのモデルが発売されております。

iPadProも3世代目ということで、非常に期待出来ると思います。まずiPadProが購入されるとどこから購入するのがお得なのでしょうか。

今の時点ではやはりオンラインショップから購入を検討しようとしている人がかなり多いことは間違いありません。

オンラインショップでの購入というのは、オススメ出来ますので、オンラインショップを紹介したいと思います。












iPadPro3を各社から購入する人にオススメのオンラインショップ

<ドコモ>


ドコモはシェアが出来るため、iPadとiPhoneを持っていてもパケットの融通がきくため非常に使い勝手がいいです。

旅行などに行くときにはiPadを持っていくようにしておけばパケットの融通も非常に聞きやすいですね。そのため最近はドコモユーザーでもiPhoneとiPadを所持している人はかなり多いです。

最近ドコモオンラインショップでというものを聞く機会というのが増えたと思いませんか?一昔前は新しい機種を購入するのは、ドコモシ...

こちらオンラインショップはスマホの購入も非常にメリットがあります。こちらも合わせてご確認ください。

2018年現在なら教育用の安価なiPadもこちらから購入することが可能となっております。安価なiPadでも十分だという人は今のタイミングで購入を検討することもオススメしたいですね。

<au>


auはセットで購入で安くなったりします。こちらもぜひ検討してもらいたいですよね。auはメインのスマホの契約があれば安価に契約できるケースが非常に多いです。

そういうお得キャンペーンを確認してもらいたいですね。

<ソフトバンク>

こちらがオンラインショップとなっております。

こちらのオンラインショップでの購入は自宅にいながら購入することが可能なので、これらオンラインショップを利用する人がかなり増えているのです。

その理由ですが、オンラインショップは自宅にいながら購入することが可能となっており、楽に購入することが可能です。

基本的にLTEモデルのほうが使い勝手がいいとされており、iPadProもLTEモデルのほうが外出先で簡単に通信を行うことも可能なので、個人的にはオススメしたいです。

オンラインショップなら自分が契約しているキャリアのものを購入すると購入手続きも非常に簡単になっておりますので、かなり便利だと思います。

一度利用すると正直なところ他には戻れませんね・・・それではiPadProの第三世代に関して触れてみたいと思います。



iPadPro第三世代はどんな機種になるの?

iPadProもすでに第二世代までは発売しております。iPadはiOS11になった時点でかなりパソコンのような使い勝手にまで進化したことは知っている人も多いでしょう。

iPadProというのは、パソコンからのシフトを狙った部分もかなりあるかと思います。

iOSとMacBookなどのMacOSXとをよく比較される人も多くいると思いますが、Macいわゆるパソコンに近いものとiOSというのは、考え方が全く異なるわけです。

そのためOSも異なるわけですが、OSが異なるといった点からMacbookなどでもタッチ操作をしたいというニーズも出ているようですが、OSの統合というものは行いません。

その理由ですが、Macはいわゆるデスクトップ型も存在しており、デスクトップ型でのタッチ操作というのは、非現実的だからです。

そのためMacBookはそれと同じOSである以上タッチ操作というものは今後タッチになることはないと思います。それがiPadProならタッチ操作が基本となるため、今後もタッチ操作の使い勝手向上となってくるわけです。

基本的にiPadProというのは見た目などの変更はあるものの大きく変化はありません。それではどのようなスペックになるのでしょうか。

ApplePencilなどは低価格なiPadでも利用することが可能となっており、当然ながらそれらの機能というのは引き継ぐことは間違いありません。ApplePencilを利用することができるということはiPadProの今までの強みでしたが、今後はどんなiPadでもApplePencilを利用することができるようになるのかもしれません。

iPadPro3ではA12Xが搭載予定

iPadPro3ではA11Xが搭載される予定になっております。

A11Xというのは、タブレット用の最新のCPUとなります。A11XというCPUが搭載されることにより、かなり高速に動作させることが可能となっております。A11はすでにiPhoneXやiPhone8に搭載されており、すでにその実力というのはわかっている人も多いでしょう。

それのタブレットモデルということで、GPUなどの機能がさらに強化されていることでしょう。

発売の時期によってはA12XというCPUの可能性も出てきました。

A11はすでにiPhoneXやiPhone8に搭載されているCPUとなっており、2018年の後半に発売される可能性が高いのであれば、A12をベースにしたCPUを搭載する見込みです。

A12というのは、iPhone9?に搭載される機種となるでしょう。

iPhoneX2という機種に採用されるかもしれません。

後の発売になればCPUなどの能力というのはそれだけ上がります。

続いて、画面ですがホームボタンが排除される可能性というものも出てきました。ホーム画面がどんな感じになるのか見ていきましょう。

現行ではA12Xが搭載される可能性が非常に高いですね。発売は2018年11月になる見込みです。

画面はどんな感じになるの?

画面はホームボタンが排除される可能性もあります。

ホームボタンが排除されるというのはiPhoneXでもホームボタンは排除されておりますが、使い勝手としてはどうでしょうか。

タブレットくらいの大きさならボタンのほうが使いやすいのですが・・・と思う人も多いと思います。

実際に今のところ排除されるのかどうかはわかっておりません。タブレットは結局胸ポケットに入れることが出来ないので、少々大きくてもそこまで問題になることはありません。そのためホームボタンの分画面が大きくなるならその分本体サイズが今のままの形状でも正直なところそこまで気にはならないのではないでしょうか。



カメラ性能

カメラに関してはデュアルカメラなどは搭載されないと思います。なぜ搭載されないのかということですが、タブレットで写真などを撮ることはあるのですが、実際にそこまでキレイな写真を求めている人はそれほど多くはないということです。

通常タブレットだけしか持っていないという人はいません。

そのためカメラ性能に関してはそこまでこだわる必要はないと思います。そのためカメラに関してはそこまでのカメラ性能は不要だと感じている人も多いわけです。

そのためカメラ性能に関しては抑えられている可能性が非常に高いです。カメラ性能に関しては最近ではタブレットでもかなりこだわっている人が多いと思います。その理由はタブレットだけで完結したいと考えている人が多いからです。スマホは不要ですがタブレットが必要と考えている人が非常に多いのです。その理由としては大画面で非常に見やすいということです。

スマホは小型で持ち運びには便利ですが、ウェブの画面などは字が小さくて見にくいという人も大勢いるわけです。そういう人はスマホではなくタブレットを活用したいと考えている人が非常に多いのです。大画面で字も大きくすることが出来るということで、最近はタブレットを選択する人もかなり増えてきているのです。

そういったニーズから最近ではタブレットを好むという人もかなり増えていることは間違いありません。タブレットのカメラ性能を上げることにより、タブレットだけで完結するという人も今後はどんどん増えていくのではないでしょうか。

FaceID搭載ベゼルレスデザイン

2018年に発売される iPad FaceID搭載でベゼルレスデザインになる可能性が高い

iPadにFaceIDが搭載される可能性が高いことがわかりました。

FaceIDが搭載されまた見た目もベゼルレスデザインになる可能性が高いようです。

ベゼルというのはスマホなどの端っこの部分です。それがすべて画面で覆われるわけです。

FaceIDというのはiPhoneXで搭載された顔面認証機能ということになります。顔面認証機能が採用されることで、より使いやすくなる可能性が高いと思われます。

顔面認証も今のところの情報では2つの顔が登録できるようになるということで、家族間で利用しやすくなりました。

iPadは個人で利用する人もいますが、家族全員で利用するという人も多いはずです。そういう人にとってはそういう使い方もありではないでしょうか。



発売日は?

発売日は2018年の後半になることが予想されておりますが、具体的な日程というのはまだ不明点が多いでしょう。

発売を待っている人も多い機種の一つです。最近の製品のライフサイクルが1年半に1度程度となっており、毎年のようには発売されなくなりました。

ある意味仕方ないことかもしれませんが、2018年はちょうど1年半にあたる時期なので、かなり期待出来るのではないでしょうか。

2018年後半に発売されるということで、現行モデルから1年半後くらい経過しての発売となることはほぼ間違いないでしょう。

新型iPadの発売も近い?

iPadProではなく無印のiPadの発売も近いと言われております。

2018年の初旬には発売が開始されるといわれております。

この無印のiPadというのは価格も非常に安価に抑えられており、Wi-Fiモデルであれば3万円以下という非常に低価格な価格設定で発売される可能性が非常に高いことがわかりました。

当然ながら処理能力はそこまで高くはありませんが、タブレットということを考えるとそこまで高い処理能力は必要ないかと思います。

またAppleは教育機関向けにもiPadの提供を検討しているということで、非常に期待できるものになる可能性が非常に高いこともわかっております。

教育用ではそこまで高額なものは不要ですからね。低価格モデルを投入することにより、さらに売上をあげていく可能性が非常に高いですね。

iPad 5世代 一括0円 非常に購入しやすく ドコモのシェアも利用可能

こちらを見てもらいたいのですが、現行の無印iPadも非常に安価に発売されております。こちらも合わせてご確認いただければと思いますね。

docomo au SoftBank

CPUはA11X?A12X?

iPadに期待したいのはCPUではないでしょうか。XというナンバーのついたCPUが採用されるケースが非常に多く、スペック的には非常に高くなるわけです。

A11XになるのかA12Xになるのかまだ不明点は多いですが、今年の6月に発表されるのであれば、A11Xが採用されると思われます。

基本的なベースはiPhone8と同じCPUとなり、そこにXが付いたものとなります。

グラフィックなどの要素がかなりレベルアップされると予想されます。

iPadを利用して絵を書いたりする人も多いと思いますので、グラフィック要素は高いほうがいいですよね。

実際に6月に発表される可能性が高いと思われますが、このiPadはかなり売れることは間違いないでしょう。それでも今は廉価版のiPadがかなり売れているので、廉価版のiPadがかなり売れているのでしょうね。とりあえずiPadを利用したいという人は廉価版のiPadで十分ですからね。

iPadPro3ではFaceID Animojiの採用は確定か

2018年 iPad ProでAnimoji FaceIDが採用されることは間違いなし

こちらの記事を確認いただきたいのですが、iPadPro3いわゆる3世代モデルではTrueDepthカメラが搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。

それに伴い、FaceID及びAnimojiが採用される可能性も非常に高いことがわかっております。

またFaceIDを搭載するということで、前面カメラが進化するわけです。前面カメラが進化するということで、ノッチのみになりさらにiPadProが大画面になるということです。

新しいiOS12のベータ版ではそのことに関する記述もあるようなので、期待はできるかと思います。

iPadProというのはすでに10.5インチと大画面化されておりますが、このあたりのノッチ部分が排除されることで、11インチひょっとするとホームボタンが排除されることで12インチくらいまでは画面サイズが大きくなる可能性も高いですね。

画面サイズが大きくなるとiPadはさらに操作しやすくなる可能性もあります。すでに画面サイズが大きくなったことで、色々操作しやすくなっておりますが、さらなる期待というものも出てきます。

本当に期待したいモデルであることは間違いありません。

iPadPro3の画面サイズは11インチ 12.9インチの2モデルに

iPadProの3世代目の画面サイズは11インチ及び12.9インチの2モデルになる見込みです。

11インチというのは現在10.5インチのモデルが若干大きめになり、11インチになると言われております。

11インチというのは結構な大画面となるわけですが、FaceIDを搭載するとも言われており、その部分でノッチを採用し若干大きくなるのかもしくはホームボタンが排除されて大きくなるのかのどちらかかと思われます。

2018年にも発売される可能性が高いといわれているiPad Proですが、10.5インチモデルが廃止する可能性が高いことがわかりまし...

こちらに最新の情報を掲載しておきます。

12.9インチに関しても11インチモデルと同様の施策が入るため、どちらのモデルも同じような見た目もしくは機能を持っていることは間違いないかと思います。

基本的に11インチモデルというのは、若干小型サイズになりますが、以前からのiPadはそれと同じ大きさだったため特に問題ないかと思います。

iPadProというシリーズは過去からかなり成長してきており、正直なところ成熟してきたモデルではないでしょうか。それでもまだ進化していくというのはすごいですね。

11インチにインチ数があがるということは、それだけベゼル部分が少なくなるということです。ベゼルが少なくなり大きさそのままで画面サイズのみが大きくなるということは使い勝手の向上にも繋がります。

ただしiPadもFaceIDの搭載になるのでしょうかね。

iPad 新型のコンセプト画像

新型iPadのコンセプト画像が出てきました。iPadProへの名称を変更し次が3世代目となります。

ベゼルレスになり、iPhoneXと同じような見た目になるということです。

これはかなりかっこいい見た目であることは間違いありません。

かっこいいけど非常にシンプルでかなりの薄型になると思われます。ここまでの薄型であれば、ひょっとするとLCDではなく有機ELの採用も可能性としてあるのではないでしょうか。

有機ELを採用すると相当キレイに見ることが可能となっており、また有機ELの人気というのは今本当にすごいですからね。

新型のiPadの販売はまだ開始されませんが、かなり期待してもいいのではないでしょうか。

iPhoneの発売もそろそろ控えており、新型の同時発表も非常に気になるところです。同時発表になれば相当面白いと思いますが・・・