iOS13 予想 どんな機能が搭載されるのか iPhone6以降がインストール対象か?

iOS13というものが今後出てくると思われます。iOS13が発表される時期というのは2019年6月ごろになると予想されております。

毎年6月には新しいOSの発表会が行われております。

iOSというのはiPhoneやiPad向けのOSとなっております。それではiOS13がどのようなアップデートになるか予想してみましょう。












iOS13はiPad向けのアップデート

iOS13というのはiPad向けのアップデートが多数入ってくるようです。

iPadはすでにiPhoneと異なるような見た目になったり、以前のようなiPhoneを単純に大きくしただけという印象は持っていない人も多いと思います。

iPadが出た頃というのはiPhoneを大きくしただけという印象が非常に強く実際にiPhoneアプリを動作させても大画面でiPhoneアプリをしているだけという印象が非常に強かったと思います。

それが現在はiPad用にきっちり進化しており、iPadを利用する人はより快適にiPadを楽しめるような仕掛けが入っております。

そのため単純にiPhoneを大きくしただけということではなく、iPadはきっちり動くのです。

Filesの強化

iPadでの利用というとFilesが利用できるということもあるかと思います。

パソコンでいうところのエクスプローラーの機能となっておりますが、こちらの機能が強化されるようですね。

Filesというのは人によってですが、使いやすい人とそうでない人がいるかと思いますが、パソコンのようにiPadを利用したいと思っている人なら間違いなくオススメできる機能の一つです。

iPadをiPadらしく利用する人にとっては特に問題なく使えるわけですが、このFilesがあるためにパソコンのようにiPadを利用することができるのです。

そのためこのような機能強化が図られるということは、Windowsユーザーの取り込みも十分に考えられるわけです。

最近ではマイクロソフトがSurfaceなどを発売して、確実にiPadの座を狙ってきております。以前はマイクロソフトではハードをセットで販売するということはありませんでしたが、Surfaceなどを投入することにより、ハードとソフトの一体化というものを図っております。

そういうこともあり、iPadの座を確実に狙ってきていると思われます、Windowsですがそれに対応するという意味でFilesというアプリもできたのでしょう。

パソコンがiPadに変わる日

パソコンからiPadへの乗り換えというのは、かなり進んでおり、私の知り合いでも自宅にパソコンがないという家もあります。

iPadはおいてあり、パソコン代わりにiPadを利用しているようですね。そういった使い方を今後する家庭もかなり増えてくるのではないでしょうか。

iPadを利用することにより、直感的な操作でコンピュータを動かすことができるので自宅利用をメインで考えるのであれば本当に便利です。

とはいうものの、パソコンいわゆるWindowsを使いこなすということも子供が大きくなった時には必要なスキルであることは間違いありません。

今小学生くらいのお子さんのいる家庭でも将来企業で勤めるようになったところで、会社にはパソコンはまだ残っているでしょう。

iPadしか使えないというスキルでは会社では使えないスキルになります。とはいうものの時代の変化もかなり早くなってきており、パソコンはかなり企業から排除されているかもしれませんね。 iOS13とは少し話がずれてきましたが・・・iPadがiOSのアップデートによりどんどん強化されていくとエンドユーザーは本当にパソコンを利用しなくなるかもしれません。

それくらい優秀なのです。iOS13に関してもかなり期待できるのではないでしょうか。