iPhoneのバッテリーが黄色いマークに 緑色に戻すにはどうしたらいいのか?

iPhoneのバッテリーが黄色になることありませんか?

普通に利用していると黄色になることはありませんが、低電力モードを「ON」に変更することで黄色になります。

こちらバッテリーの箇所を確認してみましょう。

省電力モードがONになることで、黄色を緑に変更することが可能なのです。

実は知らずしらずに緑マークから黄色マークになっていることがあり、本当に困ったと思う人もいるかと思います。

そういう人は低電力モードを見てみましょう。そうすることで緑に戻すことが可能となります。

なぜ緑から黄色に変更になるのでしょうか?












緑から黄色になる理由

緑から黄色になる理由ですが、バッテリー容量が20%を切ると黄色になります。

これにより、バッテリーの減りを少しでも遅くする工夫をするように自動的に省エネモードに変更されるわけです。

省エネモードに変更されるとどんな機能が制限されるのでしょうか?

以下の機能が制限されます。

メールの受信
Hey Siriの応答
アプリのバックグランド更新
自動的にダウンロードを行う。
自動ロック
ビジュアルエフェクトの一部利用制限

これがの機能が制限されるのです。

これらの機能の中で一番利用頻度が高いのがメールの取得ではないでしょうか。メールの取得が低電力のなると出来なくなるわけです。

これは非常に辛いですね。よって20%以下にすることは防ぐ必要があるかと思います。

とはいうものの、20%以下にするということはかなり難しいかもしれません。

低電力にならないように注意が必要

基本的には低電力にならないように注意が必要となります。

低電力は20%以下なので、黄色にしないことが非常に重要です。

黄色にすることで機能制限されることでメールの受信が出来ないということはかなり辛いですからね。

低電力を解除するかきっちりバッテリーで充電を行うかのどちらかかと思います。

基本的にはバッテリーを20%以下にしないことが重要なことです。