AppleWatch4 アップルウォッチ4 価格 発売日 スペック 見た目 オススメ

AppleWatch4が今後発売される噂がありますので、少しだけ触れておきたいと思います。

AppleWatch4というのは4世代目のAppleWatchということになります。AppleWatchが発売されてからすでに3世代が経過し次は4世代目ということになりそうです。












各社オンラインショップでも購入可能

<ドコモ>


<au>


<ソフトバンク>

こちら各社オンラインショップとなっておりますが、各社から購入することが可能です。

ぜひこちらオンラインショップも確認いただきたいですね。

AppleWatchはいいの?

そもそもAppleWatchっていいの?と思っている人も多いと思います。

いいも悪いも自分次第ということになりますが、AppleWatchを持っているとiPhoneとの連携が非常に簡単になり、メッセージなどもAppleWatch側にくるということで、非常に使い勝手としてはいいと思います。

AppleWatchは一時期爆発的に売れましたが、最近は落ち着いてきたという印象ですね。

時計でありながらデジタル家電という位置づけとなっており、AppleWatchというのは基本的に単体で動作させるというよりもiPhoneと連携して利用するというイメージが強いため、iPhoneを持っている人が基本的に購買層となるわけです。

それでもAppleが発売しているということで、人気のほうはかなりあり注目度もかなりのものかと思います。

またSIMを搭載しているモデルに関しては単体での通信も可能ということで、非常にメリットがあるモデルとなっております。

AppleWatch4はどうなる?

AppleWatchでは丸型のモデルの発売もあると見込まれております。

Androidで利用されているWEAROSを搭載しているモデルに関しては丸型の時計というのはすでに発売されておりますが、AppleWatchでは残念ながらそのようなモデルというのはまだ発売されておりません。

そのため丸型のいわゆる時計のような見た目がほしいという人はかなり多いと思います。

丸型が発売されるとかなり売れ行きが伸びるのではないでしょうか。現在のような四角のような見た目よりも当然ながらよくなると思われますので、丸型になればそれだけで販売台数というのは伸びるでしょう。

AppleWatchがベゼルレスに?

今後AppleWatchがベゼルレスになるかもしれません。

ベゼルがより薄くなり画面サイズが大きくなる可能性があります。

今のところiPhoneもそうですが、スマホはベゼルレスのものが非常に多いです。

ベゼルレスのものが非常に多いということは、それだけ画面サイズを大きくする技術をもっているということです。

ベゼルレスにすることで、画面サイズが大きくなり、見やすくなるなどユーザーのメリットもかなりあるかと思います。

ただし画面サイズが大きくなるということは、バッテリーの拡張などの必要もあり、それだけメリットがたくさんあるかどうかということは微妙なところですが、ベゼルが今までよりも薄くなるということはユーザーにとってのメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

時計というのはただでさえ画面サイズが小さいので、少しでも大きい画面でみたいと思う人も多いでしょう。とはいうものの大きすぎると手にとった時にサイズ感や腕にはめた時のサイズなどいろいろな問題も出てくるかもしれません。

そのあたりをトータル的にコーディネートできているというのがAppleWatchということになります。

AppleWatchが発売された時はかなりのフィーバーでした。当然ながら次に発売される予定のAppleWatch4はフィーバーになる可能性も十分に考えられます。

心電図が搭載される可能性も

心電図が図れる可能性が出てきました。今回のAppleWatchではすべてのモデルでセラミック製のバックパネルを採用するとも言われております。

またその心電図ですが、不整脈を事前に検知するという機能になるようです。

最近確実にAppleは健康志向になっていることは間違いありません。AppleWatchとiPhoneを連携させることで、ウォーキングなどの履歴なども共有が可能となっております。

歩数計なども搭載されており、基本的にはその歩数計がゲームの特典のように加算されていくわけです。

ゲームの特典が加算されるかの如くまさにAppleWatchの機能を見ると間違いなく時計としてつけたくなるわけです。

今回心電図計が搭載されるということで、ハード的な追加が行われているため、前モデルでは心電図は利用することができないと思います。

新型のみの特権機能ということになるわけですが、心電図を事前に図ることにより、病気などの予防にもつなげることが可能です。

不整脈というのは普段の生活ではなかなか気が付かないものです。それでも基本的には人間というのはたまに不整脈になる時もあるのです。事前にそのような危険を察知できるということは機能として非常にありがたい話ではないでしょうか。

今回のAppleWatch4に関してはかなり期待できるかと思います。

AppleWatch4をキャッシュバック付きで購入する方法

SIMフリー iPhone iPad Macbook Air Proをキャッシュバック付き お得に購入する方法

こちら少しでもお得に購入する方法を掲載しておきます。少しでも安価に購入しようと思うのであれば、上記のリンク先から購入方法を検討してみてください。

実はそれだけでAppleWatchが安価に購入することが可能となっております。

キャッシュバック付きというか実際には現金還元されるためにこれから購入を検討しようとしている人なら間違いなくお得ですね。

少しでもお得に購入できるほうがありがたいですからね。ぜひ検討してもらいたいと思います。



ドコモでの価格が出揃う

Apple Watch Series 4(GPS+Cellularモデル) 【金額はすべて税込】

モデル 一括価格 分割価格(24回)
40mm シルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド 61,344円 2,556円/月
44mm シルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド 64,584円 2,691円/月
40mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド 61,344円 2,556円/月
44mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド 64,584円 2,691円/月
40mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド 61,344円 2,556円/月
44mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド 64,584円 2,691円/月
40mm シルバーアルミニウムケースとシーシェルスポーツループ 61,344円 2,556円/月
44mm シルバーアルミニウムケースとシーシェルスポーツループ 64,584円 2,691円/月
40mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ 61,344円 2,556円/月
44mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ 64,584円 2,691円/月
40mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループ 61,344円 2,556円/月
44mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループ 64,584円 2,691円/月
40mm ステンレススチールケースとホワイトスポーツバンド 80,784円 3,366円/月
44mm ステンレススチールケースとホワイトスポーツバンド 86,184円 3,591円/月
40mm ゴールドステンレススチールケースとストーンスポーツバンド 80,784円 3,366円/月
44mm ゴールドステンレススチールケースとストーンスポーツバンド 86,184円 3,591円/月

Apple Watch Series 4 Nike+(GPS+Cellularモデル)【金額はすべて税込】

モデル 一括価格 分割価格(24回)
40mm シルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド 61,344円 2,556円/月
44mm シルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド 64,584円 2,691円/月
40mm スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド 61,344円 2,556円/月
44mm スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド 64,584円 2,691円/月
40mm シルバーアルミニウムケースとサミットホワイトNikeスポーツループ 61,344円 2,556円/月
44mm シルバーアルミニウムケースとサミットホワイトNikeスポーツループ 64,584円 2,691円/月
40mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックNikeスポーツループ 61,344円 2,556円/月
44mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックNikeスポーツループ 64,584円 2,691円/月

AppleWatch4はかなり売れている

AppleWatch4は今かなり売れていると思われます。

AppleWatch4というのはあきらかにメジャーアップデートという位置づけになっております。今回搭載されている機能というのは、転倒を検知する機能を備えていたりするわけです。

転倒を検知して60秒動きがない場合は緊急発信をしてくれる機能などもあるわけです。

これにより、自分の命を助けてくれるかもしれません。普通の時計をしていてもこのような機能というのはありません。

ある意味かなりのお助け機能なのですが、このような転倒などを検知してくれる機能がついているということは本当に素晴らしい機能かと思います。

AppleWatch4のおかげで助かったという記事などがこれから増えてくるかもしれません。

AppleWatch4をしたいと思う理由の一つになるかもしれませんね。それくらい人命に関わるときに助けてくれるガジェットというのは素晴らしいガジェットといえるかと思います。

引用元:iphone-tech