タッチスクリーンがMacに搭載されることはない MacでiPhoneのアプリは利用可能に

Macにタッチスクリーンを搭載してほしいという声は以前からあったことは知っているでしょうか。

タッチパネルの要領でMacを触りたいというものです。このことに関して当時からそんなことはないとAppleは言っていましたが、WWDC2018にて改めてこのことは否定しております。

Macにタッチスクリーンを搭載するということは、タッチパネルを搭載したMacが今後発売されるかもしれないということでしたが、そのようなことはありません。












Macにタッチパネルが搭載されるとデスクトップは辛い

Macにタッチパネルが搭載されるとデスクトップを利用している人はかなり辛いでしょう。かなり手をのばす必要があります。

手を伸ばすくらいならマウスを使ったほうが当然ながら操作はしやすいと思われます。

タッチパネルが搭載されるとディスプレイというのは当然ですが、価格も上昇します。

使い勝手がわるいかつ使い勝手もよくないということであれば、タッチパネルははじめから排除されているほうがいいわけです。

タッチパネルをMacに搭載してほしいということはユーザーからいろいろ言われておりましたが、実際にパソコンのようにMacを利用している人なら特にいらないのでは?と思うことのほうが多いのではないでしょうか。

またタッチパネルとキーボードの2つを持ったものというのはマイクロソフトではいろいろな製品が出ておりますが、結果的にキーボードをつけた状態ではタッチパネルを触ることはほとんどありません。それでもやはりタッチパネルで直感的に使ってみたいという要望というのはあるようですね。

実際にAppleが出した答えというのは「NO」です。Macにタッチパネルの搭載はありません。

MacからiPhoneのエミュレータを立ち上げることは可能

ただし今後MacからiPhoneのエミュレータを立ち上げ、MacからiPhoneを利用させるということは今後可能となります。

これは待っていた人もかなり多いと思いますね。

Macというのは、同じAppleなので、iPhoneやiPadのアプリを動作させたいと考えている人は多いでしょう。

それはできるということです。今後iPhoneのエミュレータを搭載するというものです。

これはかなり期待できるのではないでしょうか。実際に開発環境をMacに入れると動作させることは可能ですからね・・・そういうことを考えるとやはりMacで開発することができるということもあるかと思いますが、Mac上でiPhoneを動作させたいですからね。

エミュレータ機能があればiPhoneがなくてもMacさえあればiPhoneアプリを楽しむことが可能です。それはそれでかなり面白いと思いますね。

2018年モデルのMacBookAirでも採用されない

2018年に発売されたMacBookAirでもMacのタッチパネルというものは採用されておりません。

今後やはりMacBookにタッチパネルが搭載されるということはないと思っておいたほうがいいでしょうね。

確かにMacBook程度の大きさならタッチがあっても便利そうには感じます。

MacBookというのは、本当に小型サイズで手も普通に届きますからね。

デスクトップならそういうわけにはいきませんが、MacBookサイズならタッチパネルを搭載してくれても・・・と感じるでしょう。

そもそもOSに関して作りが異なるため、iOSと同じにはならないと思います。

Windowsがタブレットと同じようなインターフェイスにして失敗していますからね。Windows8などでは本当に使い勝手が悪いと評判でした。

MacBookはそのあたりも含めて異なるOSを継続して採用し続けているのではないでしょうか。