LG V40 + ThinQ スペック 2018 日本 ドコモ au カメラ レビュー 予約

LGからV40+という機種が今後発売されると思われますので、そちらの機種に関してどんな機種になるのか紹介したいと思います。

LGというのは日本でも最近非常に有名になってきております。

LGの有機ELのテレビなども量販店などでかなり見る機会が増えてきたのではないでしょうか。

そのためLGブランドというのは日本でもかなり上がってきていると思われます。

LGというのは日本市場でもかなり力を入れてきていることは間違いありません。そんなLGから発売される次のモデルLG V40+に注目をしたいところです。

LGから発売されるフラッグシップモデルにGシリーズというものがありますが、残念ながら日本ではそのモデルは最近は発売されておりません。

しかしながらLGは1年のうちでも後半に発売されるVシリーズを日本市場に投入してきているのです。そのため日本では最近はVシリーズのほうが有名になってきました。

それではLGから発売される予定のV40+を見ていきましょう。












LG V40+はどんな機種に?

LG V40+はどんな機種になるのでしょうか。基本的には近々LG G7が発売されると言われております。

L-03Kが発表されました。L-03Kというスマホはdocomo With対象スマホとして発表となります。 L-03Kの予約が...

こちらにLG G7の記載がありますので、こちらを参考頂ければと思います。

基本的なスペックに関してはこちらのLG G7とそれほど変わらないものと思われます。

今のところの想定ですが、SnapDragon845という最新のCPUを採用する見込みになっております。

こちらは2018年に発売されるフラッグシップモデルと呼ばれる機種ではほぼ間違いなく採用されるものと思われます。

こちらのCPUはGALAXY S9などでも採用される予定になっており、このCPUを搭載している機種であれば、ほぼ間違いなく高速に動作させることが可能ということです。とはいうものの、若干気になるのはV40+の発売は2018年の第三四半期くらいになる見込みとなっており、その頃になれば、次のCPUなどが見えてきた頃ということが若干ながら気になるところですね。

続いてRAMですが、こちらは6GB及び8GB程度になると予想されます。

実際のところ6GB以上のRAMの容量があれば、全く問題なく動作させることが可能かと思います。

そのためRAMの容量に関しては最新のフラッグシップモデルであれば、それほど気にしていただくことはないかと思います。

RAMの容量より気になるのはやはりカメラ性能でしょう。すでに現行のV30+が日本から発売されておりますが、すでにかなりキレイな動画性能であることは間違いありません。

こちらにV20ですが、カメラで動画を撮りました。どうでしょう?かなりこちらでもキレイに撮れていることがわかるかと思います。またズーム機能に関してもかなりのものであることがこちらを見てもわかるかと思います。それくらいカメラはオススメ出来るのです。

ちなみにこのV20というのは2016年モデルの機種となっており、その2つ後継モデルということになりますので、かなり期待出来るかと思いますね。

カメラ性能は本当にこの機種ならかなり期待出来るかと思います。

ハイスペックモデルになることは間違いありません。基本的にLGは前半でGシリーズ後半でVシリーズというものを発売しており、これらはLGのフラッグシップモデルになるのです。フラッグシップモデルの発売は非常に気になるところですが、今後もVシリーズというものは発売し続けるものと思われます。

docomo au SoftBank

トータル的にバランスのいい機種

このVシリーズというのはGシリーズからさらなるブラッシュアップをうけてかなり気持ちよく心地良い仕上がりになっている機種であるということは知っている人も多いと思います。

現在日本ではGシリーズの発売が見送られたため、残念ながらVシリーズの発売しかありません。

実際にGシリーズとVシリーズを比較しても遜色はないのではないでしょうか。

LGのフラッグシップモデルというだけあってかなり期待出来る機種であることは間違いありません。

ぜひこのトータル的にバランスのいい機種は選択してもいい機種の一つになっているのではないでしょうか。

発売は2018年9月頃になるかと思いますが、日本では2018年の冬モデルとして登場する可能性が非常に高い機種の一つです。

かなり期待値も高い機種なので、他の機種と悩んでいる人もこの機種は比較検討してみてもいいかもしれませんね

docomo au SoftBank

有機ELの採用は間違いなし

有機ELを採用することは間違いありません。すでに現行のV30+でも有機ELを搭載しており、見やすい画面作りというところはかなり評価出来るかと思います。

有機ELを搭載しているということはGALAXYシリーズなどと同じような画面ということになり、かなり期待も持てるかと思います。

今のところ有機ELに関しては、iPhone、GALAXY、V30+などのハイスペック機種に搭載されることがほぼ間違いないと思います。

今後もハイスペックモデルを中心に有機ELの採用がされることでしょう。まだそれだけ有機ELの価格が高いということも原因の一つかと思います。

有機ELというのは、その有機EL自身が発光するためにパネルの自由度もまして、折り曲げたりすることも可能なディスプレイとなります。

液晶はバックパネルにLEDなどの照明が必要となり、正直なところ本体サイズが若干ですが、太くなるということが悲しいところです。画面をさらに薄型にするという欲求を叶えてくれるのが、この有機ELなのです。

ちなみに現行のV30+では有機ELを採用しており、非常にキレイな画面です。

相当キレイな画面になっており、かなりオススメ出来る機種であることは間違いありません。

有機ELというのは、最近では液晶よりもワンランク上ということで、市場では売っておりますが、以前は価格が高くなっており、なかなか販売出来ませんでした。

それが今ではかなり価格も落ち着いており、液晶との差というのはそれほどありません。そのため有機ELというのは今後スマホではかなり出てくると思われます。

有機ELを使った機種というのは相当増えてくることは間違いないでしょう。

有機ELは日本ではシャープも工場を稼働開始したということで、非常に注目を浴びていることは間違いないでしょうね。

今後は有機ELを検討するメーカーもかなり増えてくると思われます。また工場が立ち上がってくるのであれば、部材の価格も抑えられるので、非常にメリットがあるかと思います。

 有機ELというのは画面が薄くなるというメリットがあります。非常にいいと思います。

AIが搭載される予定

V40+にはAIが搭載される予定になっております。

LG AI搭載スマホを2018年に発表 MWC 2018にて公開予定

こちらにAIが搭載される記事があります。

2018年に発売される機種にはAIが搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。

AIというのは最近かなりブームとなっており、知っている人も多いと思います。

いわゆる人工知能です。人工知能でカメラの最適化を図ったりするものが搭載される可能性があるということです。

AIが搭載されることにより、より便利にスマホが進化するわけです。一部の機能だけにAIが搭載される見込みとなっておりますが、AIが搭載されることにより、より便利にスマホを利用することが可能となっております。

スマホを利用することにより、便利になってきているのですが、さらに便利になるということで、かなり期待できるかと思います。

AIを搭載するという噂は以前から伝えられていたもののここまで具体的に発表されるということを考えるとかなりのLGの自信が伺えます。

2018年モデルのV30ということなので、V40+いわゆる次のモデルになるかと思います。

これはかなり期待できるのではないでしょうか。

AIが搭載されているということは、今後のスマホなら間違いなくにはAIが搭載されているスマホというのは間違いなく色々出てくるのでしょうね。

LGがV30+の後継モデルの発表を行いました。後継と言ったところで実際のところはスペックとしてはV30+と変わりません。 こち...

直近ならこのスマホにAIが搭載されております。カメラの画像でAIが搭載されるということですが、AIは非常に気になりますよね。

AIが搭載されることにより、本当にかなりきれいな画像などを撮ることも可能になるかと思いますね。

AIは今後間違いなく伸びる

AIは間違いなく伸びていきます。Googleも新しいOSの発表を行いましたが、今後AIを利用したサービスを色々出してきております。

AIというのは今後本当にすごいと思います。

スマホにAIが採用されるということは今後も間違いなく伸びるでしょう。

使う側としては本当にいい時代がやってきました。ただしユーザーのデータはビックデータとしてGoogleに蓄積されるわけなので、セキュリティに関してもかなり確保する必要があります。

Googleのサービスが持っているデータの量というのは本当にかなりのものです。

そのビックデータを利用してAIサービスにも活用されているわけです。基本的に人間の行動をベースにAIにも活用されているのです。V40+に関してもこれらの技術が反映されていることは間違いないでしょう。

V40のコンセプト画像はシンプルにかっこよく

こちらコンセプト画像となっておりますが、非常にシンプルでかっこいいと思いませんか?

これくらいのシンプルさは本当にいいと思いますね。LGというのは日本での販売台数というのはまた最近伸びてきております。

日本勢の低迷がその原因の一つとなっておりますが、日本勢というのはもう少し日本市場でがんばってもらいたいですね。

日本のスマホで一番売れているのはXPERIAシリーズですが、LGも負けてはいないと思います。

LGの日本市場市場ではかなり頑張っているのです。最近ではHuaweiに負けそうな感じもしますが、個人的にはSIMフリースマホ市場にもどんどん進出してもらいたいですね。

トリプルカメラに期待

トリプルカメラは最近本当に期待したいところです。トリプルカメラが搭載されるスマホというのは本当にこれから多くなると思われます。

2019年に発売されるiPhoneというのはトリプルカメラが搭載される可能性もあるということで、今後トリプルカメラを搭載するモデルが非常に増えると思います。

またGALAXYシリーズでもカメラを搭載する可能性もあり、GALAXYシリーズでトリプルカメラが搭載されると、相当な機種にトリプルカメラが搭載されるでしょう。

日本ではP20シリーズにトリプルカメラが搭載されており、かなり人気があります。

今後もトリプルカメラにかなり期待したいところですね。

5つのカメラを搭載する予定

なんと5つのカメラを搭載する予定になっているようです。

5つのカメラというのは背面がトリプルで前面がデュアルカメラになる可能性が非常に高いということです。

5つのカメラを搭載するモデルというのは、今までほぼなかったのではないでしょうか。

今後このように複数のカメラを搭載するモデルというものは増えていくと思われますが、これはかなり期待できるのではないでしょうか。

日本での発売に関してもほぼ間違いないかと思います。

やはりトリプルカメラというのは非常に気になるところです。前面もデュアルカメラを搭載するということで、非常に期待できるのではないでしょうか。