事務手数料が無料はドコモオンラインショップ
iPhoneXrが機種代込で1480円で維持できる
詳細はこちらから

スマホの維持費はどんどん上がる 携帯が売れない時代に 日本経済大丈夫?

Android

スマホの維持費はどんどん上がってきます。

ここでいう維持費というのは本題代金を含む維持費となっており、正直なところ1ヶ月あたり1人5000円以上がスマホの利用料金として消えているのです。

そのためどんどん維持費が上がっているような気がします。

 

通信費とスマホ代金の分離を進める総務省

総務省は通信費とスマホ代金の分離を進めているのです。

消費者としてはどのような感じになるのかお伝えしたいと思います。

例1

本体代金:2000円
通信費:4000円

毎月の支払い6000円

例2

本体代金:2000円
通信費:6000円
毎月の通信費の値引き:−2000円

毎月の支払い6000円

上記の2つの例ですが、毎月の支払いはどちらも同じですが、例1は本体代金2000円ですが、例2の場合本体代金実質0円になるわけです。

スマホが売れるのは実質0円

実は本体が売れるというのは、実質価格0円のほうです。

ということは本体代金が安いほうが売れると思いませんか?

ただし毎月の支払いは同じなのです。実はこのような例2の状況になっているのが今の日本のケータイ会社の仕組みです。

そのため本体が売れるため経済としては回るわけですが、例1のような感じになると残念ながら経済は回りません。

収入としては同じなわけですが、それを見せる方法に関してはありません。そのためどう売れるのか?というところも含めて通信費との分離にしないほうがスマホは売れるわけです。

スマホが売れたほうがいろいろ儲けることができるイトが増えてくると思います。

今総務省は売れない仕組み結果的にスマホの維持費は同じという施策を出してこようと思っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました