AQUOS ZERO / AQUOS R2 比較 違い カメラ性能はどうなった?

AQUOS ZEROが発表されましたが、比較としてはどうなるのでしょうか?

AQUOSシリーズというのは、日本では非常に人気の高いスマホとなっております。

それでは過去モデルとの比較となりますが、2018年も後半は現行モデルとして発売されているモデルとなっております。

違いはどのようになっているのでしょうか?












AQUOS ZEROのスペック

AQUOS zero
寸法 約73×154×8.8mm
重さ 約146g
OS Android™ 9.0
ディスプレイ (画面が完全な長方形として算出したサイズと解像度)
約6.2インチ WQHD+(1,440 × 2,992ドット)
有機ELディスプレイ
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™845(SDM845)2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア*
*Performance core 最大周波数(シングルコア):2.80GHz
Efficiency core 最大周波数(シングルコア) :1.77GHz
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
前面カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
背面カメラ 有効画素数 約2260万画素 CMOS

AQUOS R2のスペック

大きさ 約156×74×9mm
重さ 約181g
OS Android8.0
CPU SnapDragon845
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 6.0インチ
解像度 3040×1440ドット
カメラ 2260万画素+1630万画素/1630万画素
カラー Charm Navy, Streamer Gold, Pearl White, Phantom Black, Cherry Pink
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3130mAhバッテリー、IPX5/IPX8 / IP6X

こちら2つのスペックの比較となっております。

スペックとして異なる点

スペックとして異なる点は以下の通りです。

・画面サイズ
・カメラ
・RAM
・ROM
・有機ELの採用

主にこの5つが異なる点です。

画面サイズは6インチから6.2インチにアップしました。

こちらが画面となっております。

今回もノッチを採用し最近のAndroidスマホというのはこのようなノッチというものが一般的になってきました。

ノッチを採用することで、大画面化することになったわけですね。

これは非常にいい点だと思います。

続いてRAMの容量ですが、こちらが1.5倍になりました。1.5倍のRAMの容量になったことを受けて、ゲームなどのアプリを動作させても非常に快適に動作することが可能になるかと思います。これは非常にいい点ではないでしょうか。

続いてROMの容量ですが、こちらは2倍です。128GBの容量になったころを受けて、正直なところなんでも入れることが可能になったかと思います。

ちなみに私が今使っているMacBook Airでも128GBしかありません。そう考えるとやはり128GBくらいの容量はほしいところですね。

これはかなりありがたいと思います。

有機ELの採用はかなりいい

有機ELを採用したということが今回はかなりいいと思います。

シャープの自社工場で採用するということで、これはかなり期待できるのではないでしょうか。

有機ELを国産工場で製造するということで、かなり期待できるかと思います。

昨今有機ELを採用するスマホが非常に増えてきており、有機ELというのはかなり知名度が上がってきました。

iPhoneも有機ELを採用するモデルが発売されるなど、有機ELを採用するということはかなりオススメしたいスマホですね。

XPERIAXZ3が正式に発表されました。 まずは販売キャリアの紹介からですが、ドコモは間違いなく売れるでしょう。XPERIA...

XPERIA XZ3でも同様に有機ELが採用されるなど今後は有機ELを採用するスマホがかなり発売されると思われます。

これは本当に期待できるのではないでしょうか。有機ELは当然ながら他社でもかなり採用されていくでしょうね。シャープの工場があるということは、シャープはOEMも考えていることは間違いないかと思います。

カメラはシングルカメラに

カメラは残念ながらシングルになりました。

シングルカメラといっても正直なところ結構使えると思います。前のカメラはそこまで使えるカメラではありませんでした。

動画専用ということだったので、動画としてはそこまで使えるカメラではありませんでした。

こちらAQUOS R2のズーム性能となっております。正直なところもう一つです。

こちらが夜間の動画性能です。動画専用とうたっていますが、そこまでスペックは高いとは思いません。

こちらも動画性能となっております。動画性能はどうでしょうか?おそらく2260万画素のカメラ1つでも大丈夫かと思います。

それくらいの動画性能しかなかったということになりますよね。ちょっと残念な感じですが、シングルカメラでも十分だということです。

AQUOS ZEROは1つのカメラでどこまで動画をキレイに撮ることができるのかわかりませんが、やはりそちらには期待したいところですよね。