AQUOS ONE アクオスワンが2019年のフラッグシップモデルに? Zeroの次の名称

AQUOS ZEROの発表がありました。

ZEROという名称はまさに原点といったところでしょうか。

こちらは2018年モデルとなりますが、2019年モデルも非常に気になると思います。

2019年の名称はAQUOS ONEという名称になるのでしょうか。そのあたりも非常にきになりますよね。

それではまずはAQUOS ZEROのスペックのおさらいをしておきましょう。












AQUOS ZEROのスペックを紹介

AQUOS zero
寸法 約73×154×8.8mm
重さ 約146g
OS Android™ 9.0
ディスプレイ (画面が完全な長方形として算出したサイズと解像度)
約6.2インチ WQHD+(1,440 × 2,992ドット)
有機ELディスプレイ
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™845(SDM845)2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア*
*Performance core 最大周波数(シングルコア):2.80GHz
Efficiency core 最大周波数(シングルコア) :1.77GHz
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
前面カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
背面カメラ 有効画素数 約2260万画素 CMOS

こちらがAQUOS ZEROのスペックとなっております。スペック的には2018年モデルのスペックということになっており、スペックだけを見ると特筆すべき点はありません。

今回はカメラがシングルカメラになり、AQUOS R2で搭載されていたカメラと比較してもカメラ性能に関してはグレードダウンということになります。

大きさ 約156×74×9mm
重さ 約181g
OS Android8.0
CPU SnapDragon845
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 6.0インチ
解像度 3040×1440ドット
カメラ 2260万画素+1630万画素/1630万画素
カラー Charm Navy, Streamer Gold, Pearl White, Phantom Black, Cherry Pink
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3130mAhバッテリー、IPX5/IPX8 / IP6X

こちらがAQUOS R2のスペックとなっております。

基本的にはAQUOS R2で搭載されているカメラと同じカメラの画素数となっており、カメラだけでいうならAQUOS ZEROに関しては進化しておりません。

あまり進化していないのですが、AQUOS R2と比較するとRAMの容量及びROMの容量が増量されていることがわかるかと思います。

2019年に発売されるAQUOS ONEのスペックは?

2019年に発売される可能性の高いAQUOS ONEのスペックを予想したいと思います。

2019年になるとSnapDragon855が主流になってくると思います。

SnapDragonというQualcommから発売されているSoCの総称となっており、知っている人も多いかと思います。 Sna...

こちらがSnapDragon855のスペックに関して記載されているページとなっております。

このSnapDragon855を採用する可能性が非常に高いと思われます。

今のところの予想ですが、7nmという非常に細かいプロセス・ルールで製造されていると思われます。

7nmというのは2018年に発売されたiPhoneに採用されたプロセス・ルールとなっております。

7nmを採用すると処理能力の飛躍的な向上及び、バッテリーの持ちに関してかなり期待してもいいのではないでしょうか。

続いてRAMの容量ですが、2018年モデルでRAMの養老は6GBとなりました。おそらくこのまま6GBのRAMの容量が継続されると思われます。

6GBあればRAMの容量も十分かと思いますね。AQUOS Rでは残念ながらRAMの容量は4GBでしたが、それと比較しても1.5倍の容量となります。

処理を行なうだけであれば正直なところ十分かと思いますね。

有機ELに関しては継続的に採用されると思われます。有機ELを採用しているモデルというのは、XPERIAなどでも採用しておりますが、今後発売されるシャープのスマホでも採用されると思われます。

シャープのスマホでは以前はIGZOと呼ばれるものを採用しており、バッテリーの消費に関してかなりよくなっているものでした。それが有機ELというのは、有機EL自身が発光するため、LEDライトを中に入れる必要もないので、薄型にはかなり寄与しております。

スマホは薄型ではないとダメという考え方もあると思いますので、有機ELは継続的に採用されると思われます。

また有機ELに関してはシャープは自社工場を建設しました。このことも有機EL採用に関しては後押しされているかと思います。

今後2018年の後半から発売されるモデルでは有機ELが採用されることは間違いないでしょうね。有機ELはシャープも自社工場を稼働させているようなので、有機ELを使いたいというメーカーにOEM提供を行なう可能性も非常に高いですね。水面下ではそのような交渉が行われているかと思います。

今後のシャープに関してかなり期待してもいいのではないでしょうか。