スマホが 熱でカメラ強制に終了 撮影できないこともある 夏の暑さ対策は必須

スマホを利用していて熱をもったなんて経験ありませんか?

スマホというのは基本的に発熱するものです。発熱をする理由というのは様々ですが、基本的に発熱というのは正常の動作なのです。

ただし発熱も度をすぎると残念ながらアプリの立ち上げができないなどの問題も発生するのです。












カメラアプリが立ち上がらない

よくあることなのですが、カメラアプリを立ち上げるということができないということが結構発生するのです。

夏というのはすでにかなり高温になっており、それの暑さに対して対策を何もとらないと外出先でカメラを動作しようと思ってもカメラが強制終了したり、カメラの起動をやめるようなメッセージが表示されることがたまにあります。

暑さ対策をしないとと書きましたが、夏の暑い時に暑さ対策ってどうするの?と思うかもしれませんが、日陰にスマホをおいておくだけで、暑さ対策になるかと思います。

高温になる車内や陽のあたる場所などにスマホをおいておくとかなり発熱します。

発熱しないように努力をしておいてもおいておくだけで普通に発熱するわけです。

ゲーム系のアプリはひかえる

ゲーム系のアプリというのは控えたほうが良さそうです。ゲーム系のアプリというのは残念ながらそれだけスマホに負荷をかけるわけです。

スマホに負荷をかけるということはそれだけ発熱するのです。

発熱する原因の一つとしてCPUいわゆるスマホの頭の回転を上げるということも一つあります。

難しい処理をスマホがやることにより、それだけスマホが頭を使うわけです。

単純にウェブブラウザを開けてスマホを眺めているよりも、アクションゲームなど動きのあるゲームをしているほうが頭を使うということは想像はできるかと思います。

実はそのようなアプリというのは発熱の原因なのです。ずっとゲームをしているとバッテリーの消費も激しいと思います。

ゲームなどのアプリをすることにより、バッテリーの消耗も激しくなり、それだけスマホは頭を使っているわけです。

そのためそういうアプリをした直後にカメラアプリなどを動作させようとすると残念ながら発熱で起動できないなんてこともあるわけです。

そうなるとゲーム系のアプリをした直後というのはカメラを開くことができないかもしれません。

バッテリー充電直後

バッテリーの充電の直後というのは、実は結構発熱しているのです。

バッテリーにそれだけ電気を蓄えているわけですから当然といえば当然です。その直後もカメラの起動ができないかもしれません。

バッテリーへの充電というのは普通に行う動作ですが、その時も本体は発熱しているということは覚えておきたいですね。

発熱することにより、動作速度もいまいち遅くなったりします。

そうならないために写真を撮る前というのは、スマホ本体の状態も十分考えておく必要があります。

連続撮影の後

カメラアプリも当然ながら発熱の原因になります。連続撮影などをしているとどうしてもカメラアプリにより発熱も行われるのです。

そのため連続撮影を行った後も発熱で熱くなることがありますので、注意が必要ですね。