HTC U13 スペック 発売日 au ソフトバンク 予想 噂 まとめ

HTC U13に関して気になる情報をお伝えしていきたいと思います。

HTCというメーカーは日本のキャリアモデルでの採用というのはau及びソフトバンクとなっております。

2社から提供される可能性が非常に高いといわれております。












HTC U13のスペック

HTC U13のスペック予想ですが、QHD+の解像度を誇る5.8インチディスプレイとなる見込みです。

またCPUはSnapDragon845と呼ばれる最新のCPUが採用される見込みとなっております。

バッテリーの容量は3200mAhとなっており、バッテリー容量に関しては一般的なスマホと比較しても遜色はありません。

CPUにSnapDragon845を採用するということは、2018年のうちに販売される可能性が非常に高いということを示唆しております。

SnapDragon845というCPUは日本市場ではGALAXY S9やXPERIA XZ2などに採用されているCPUとなっており、当然ながらかなり日本市場では人気のあるCPUとなることは間違いないでしょう。2018年夏モデルで発表されているスマホに搭載されてるCPUでは最もハイエンドモデルとなります。

また先程記載していた3200mAhは取り外しが可能なバッテリーとなっており、昨今バッテリーの取り外しができないことが多かったスマートフォンですが、こちらに関しては取り外しが可能となります。

見た目に関してはわかるようにベゼルレスデザインを採用しております。本当にこれを見たらわかるかと思いますが、ベゼルというのはほとんどありません。最近ハイエンドモデルに搭載されているディスプレイというのは有機ELのものが増えてきておりますが、こちらに関しては有機ELではなくLCDを採用しております。LCDでここまでベゼルを薄くするという技術もかなりのものであると思います。

カメラに関しては1200万画素のデュアルカメラを搭載する可能性があります。デュアルカメラというのは昨今当たり前のようについているため、あまり驚くことはありません。

今後はHTCもトリプルカメラに挑戦してくれるのでしょうか。トリプルカメラというのは、最近ではP20 PROというモデルで採用されているにしか過ぎません。

HTC U13の発売日

HTC U13はいつ頃発売されるのでしょうか。発売に関しては2018年の前半にU12+が発表されました。元々それがU13になる可能性があったわけですが、U13の発売日はそういうことを予想するのであれば9月以降になるでしょう。

さすがにU12+を発売した後直後に発売ということはなさそうですね。

U12の後継モデルとして発売されるということはほぼ間違いないと思いますので、U13に関しては秋ごろの発売と思っておけばいいのではないでしょうか。

2019年に発売されるのであれば、かなりのモンスターマシーンになるかもしれません。

2018年はひょっとしてU12シリーズの販売のみしか行われないかもしれません。今後U13に関しての発売は2019年にずれ込む可能性も十分にありえます。

Uシリーズというのは日本でも馴染みがありますが、HTCは徐々に日本でも撤退気味になっており、HTC自体も残念ながらリストラなどで人員削減が行われております。今後新しいフラッグシップモデルの発売に関しても非常に気になるところではないでしょうか。

カメラの進化に期待?

HTC U13のカメラの進化にはかなり期待したいですね。

カメラ性能というのは、高いモデルがかなり出ておりますが、HTCというのはGoogleに端末を提供するなど技術的にはかなり認められているメーカーとなっております。

Androidの最新モデルの研究及びハード面でもGoogleとはかなり仲良くやっているため、当然ながら設計に関してもかなり強いと思われます。

そのためカメラ性能の進化に関してもかなり期待できるのではないでしょうか。

HTC U12+でデュアルカメラを搭載し当然ながらその後のモデルになりますので、カメラ性能の進化にはかなり期待できるかと思います。

カメラ性能がいいモデルというのは、それだけ人気も出るのです。

HTCはハード面そしてソフト面でもかなり定評のあるメーカーとなっておりますので、そこはかなり期待できるのではないでしょうか。

引用元:smartphonebio